アレルギー性肝疾患

アレルギー性肝疾患にご用心!

肝臓の病気と言えば肝臓がんや脂肪肝、肝硬変あたりが
有名ですがそれ以外にも様々なものがあります。

 

その一つにアレルギー性肝疾患と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか?
これは、薬の成分によるアレルギー反応で起こってしまうものです。
それでは、アレルギー性肝疾患になると具体的にどのような症状が現れてくるのでしょうか。

 

代表的な症状として挙げられるのは、発熱やかゆみ、発疹、黄疸です。
こうした代表的な症状が、アレルギー反応を起こす物質を含んだ薬を飲んでから
数日程度で現れるのが一般的のようです。
ただし、人によっては現れるまでに数週間かかる場合もあるといいます。

 

では、どうしてこのようなアレルギー反応が出てしまうことになるのでしょうか。
私たちが飲む薬に含まれている成分は、
肝臓で分解されて体内に行きわたるような仕組みとなっています。

 

しかしここで、希に体内の免疫細胞が肝臓によって分解された薬を
「体にとって有害なモノ」と誤認識してしまうことがあるのです。

 

その結果、免疫細胞は途端に肝臓細胞もろとも薬の成分を攻撃し始めます。
そして、肝細胞はどんどんダメージを受け、炎症を起こしてしまうのです。

 

以上が、アレルギー性肝疾患が起こってしまう原因です。

 

この症状は特に、アレルギー体質な人に起こりやすいものですから、
心当たりがある場合は薬の服用をするとき、十分に注意していきましょう。

 

万が一、薬を服用したことでアレルギー性肝疾患のような症状が出た場合には、
すぐに病院での診察を受けるようにしていきたいですね。